和光産業の強み

グリーンクリーニング

衛生管理

和光産業の新しい取組み

カーボン・オフセット

ワクスル グリーニンクリーニング

  1. HOME >
  2. 和光産業の新しい取組み >
  3. カーボン・オフセット

和光産業の新しい取組み

カーボン・オフセットの取組みについて

カーボン・オフセット1 環境負荷をおさえた清掃活動。
床を清掃しながら環境負荷も低減する、全く新しいビルクリーニングシステムによるカーボン・オフセット。対象管理から排出されるCO2 排出量を把握し、それと同量をお客さまのものとしてカーボン・オフセットすることで、間接的にCO2削減に貢献しています。
カーボン・オフセット2 CO2-0195
www.jcs.go.jp
(一社)床ワックスをリサイクルする会


メリット

カーボン・オフセット付きビルクリーニングシステムを導入していただくことで、私たちだけでなく、お客様にもこんなメリットがあります。

CO2 削減をPR

ビルの清掃に関わるCO2 排出量を削減しているので、環境負荷の低い運用 / 管理をしているビルとしてテナント様にPR することができます。

カーボン・オフセット4
床材の延命化

過剰清掃による床へのダメージを減らします。こ れによりカーペットや床を延命化して張り替え周期を伸ばし、ビルのライフサイクルコストを削減できます。

コストの削減

独自の清掃管理手法を導入することで、ムダな清掃作業を省き、管理コストの削減を実現しました。



カーボン・オフセットの概要

オフセットの対象 ワクスル グリーンクリーニングによる床ワックス管理、カーペット管理における水の使用、清掃機械(ポリッシャー、オーボット、パイルリフター、アップライトバキューム)の稼動に伴うCO2 排出量の全量。 カーボン・オフセット5

対象の期間 カーボン・オフセット認証期間中に実施する清掃
平成28年4月〜平成30年3月

算定方法 ワクスルグリーンクリーニングに含まれる3つの施工方法ごとにuあたりの排出量原単位を設定し、本年度の導入計画に基づきオフセット量を算定しています。
カーボン・オフセット6
  カーボン・オフセットに関するより詳しい説明はカーボン・オフセットフォーラムのサイトをご覧ください。 カーボン・オフセット7


カーボン・オフセットに活用するクレジット

南海電鉄による護摩壇山「なんかいの森」森林管理プロジェクト
クレジットの種類 J-VER カーボン・オフセット10

タイプ 間伐促進型

番号 0101001

排出削減・吸収量 4,111t-CO2


カーボン・オフセットの取り扱いと取組み

調達元 オフセットは、オフセットプロバイダーである株式会社イトーキが実施 カーボン・オフセット9

無効化の方法 J- クレジット登録簿の無効化口座に移転

オフセット費用 全額和光産業株式会社が負担し、サービスへの価格上乗せは行いません。

カーボン・オフセット認証 環境省による「カーボン・オフセット認証」を取得しています。詳しくは、環境省カーボン・オフセット制度のホームページをご覧ください。

Copyright © Wako Sangyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.